BRAND LIST
  • Top > ブランドリスト > レイチェルワイン > レイチェルワイン ミネラルファンデーション体験レポ
  • レイチェルワイン ミネラルファンデーション体験レポ

    Rachel Wine(レイチェルワイン)トライアルセット

    ミネラルファンデーションのなかでもシンプルな成分配合で、ミネラルファンデブームの先駆ブランドのひとつと呼べる「レイチェルワイン」。印象的なパープルのイメージカラーにピンっとくる方もいるのでは?

    ブランド名にもなっている開発者のレイチェル・ワインさんがアメリカ人ということで「アメリカ製? 日本人の肌にはどうなの?」って思っていたら、なんと「日本人の肌に合わせた『日本製』」でした。すみません、レイチェルさん。

    というわけでミネラルファンデ関連の口コミでも多数みられるレイチェルワイン、さっそく私の肌でその実力を試してみるしかありません!!

    レイチェルワイン ミネラルメイクアップトライアルセット

    レイチェルワイン ミネラルメイクアップトライアルセット

    「ピュア&シンプル」の理念を掲げているように、防腐剤や合成界面活性剤、オイルなど、一般的なコスメに使用されている添加物はフリー。

    「ミネラルファンデーション」という名前がついていても、実際はミネラル成分はほんのちょっとだけで、お肌の負担になる添加物がたっぷり……、なんてこともあるのが「ミネラルコスメ」の危険なポイントなのですが、レイチェルワインはホントにシンプルで安心~!

    Rachel Wine(レイチェルワイン)のミネラルファンデーション裏面

    全成分
    ・ミネラルファンデーション:マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al
    ・アクセントフェースパウダー:マイカ、ラウロイルリシン、ステアリン酸亜鉛、オクテニルコハク酸デンプンAl、酸化チタン、酸化鉄

    レイチェルワイン公式HPで見てみると、たとえば同じ「マイカ」という成分でも、特徴が異なるタイプが複数あるとのこと。15年の研究により、それらのなかで厳選して現在の成分配合に行き着いたというぐらいですから、これは「肌トラブルが絶えない、でもメイクもしたい!」現代女性にはありがたいですよね。

    色選び
    ファンデ選びでなにが大変かって、これ、色選び。だって変にガングロになったり、首から上だけ真っ白く浮いてたりしたら、「私、メイクで肌の欠点隠してますよ~」って宣言しているようなモンですからっ!

    その点すごいのが、レイチェルワインのミネラルファンデーションは「12色」展開――これって国産ミネラルファンデのなかでは一番多いんです。

    レイチェルワインのカラーバリエーション
    ※公式サイトより転載

    ただし注意したいのが、トライアルセットは2色選べるものの、その組み合わせは限られているんです。たとえば明るい肌色の方の場合なら、「シャンパン」と「シフォン」という、12色のなかで明るい色2色がすでに組み合わせ済、ということ。

    うーん、どの色にしようかなあ……、と迷ったのですが、やっぱりここは標準色の「ベージュ」と「ヌーディ」の組み合わせにしました!

    Rachel Wine(レイチェルワイン)のミネラルファンデーション

    レイチェルワイン ミネラルメイクアップトライアルセット

    レイチェルワイン ミネラルメイクアップトライアルセットの使用感

    このトライアルセットの実物を見て「おお!」と思わず声が出たのが、「シャーレ」がついていたこと!

    Rachel Wine(レイチェルワイン)のミネラルファンデーション「ベージュ」の色味
    ※シャーレに出しているカラー:「ベージュ」

    現品では基本的にフタかティッシュにパウダーを出してブラシに含ませるのですが、なんせトライアルセットのミネラルファンデは小さいのでそれは無理。

    ティッシュに出したらティッシュの粉までブラシについたりして……、なんて思ってたので、シャーレの気遣いにはホッとします。

    では実際にブラシに含ませて、パンフレットの指示通りに「カバーしたいところ」からポンポンします。私が気になるのはやっぱり小鼻横からの頬前面なので、そこをポンポン。軽くつけただけなのに、マットなヴェールがうっすらかかって、毛穴の影がちょっと薄くなった!

    なのですが、残念ながら私の洞くつ毛穴は頬全体にガッツリひしめき合っているんですよね。そこで繰り返しポンポンしてみると……、小さく浅い毛穴と薄いニキビ跡(シミ?)はふんわりパウダーでカバーされたのですが、深く大きな闇の毛穴と濃いシミはやっぱり隠れず。

    いや、薄付きナチュラルで毛穴を圧迫しないのは、ニキビや肌荒れ改善には良いことだと思います。だから素肌が私よりもキレイな人は、このくらいのカバー力があれば十分マット美肌になれると思いますよ。でも私の肌は毛穴とシミがガンコ過ぎて、やっぱりコンシーラーも必要かな。

    Rachel Wine(レイチェルワイン)「アクセントフェースパウダー」

    次に「アクセントフェースパウダー」をつけてみます! レイチェルワインのミネラルファンデーションはマット系。そのためもっとツヤ感や崩れにくさを求める人は、このキラキラ・ホワイト系フェースパウダーをTゾーンやハイライトを入れたい箇所にオンするのがおすすめらしいのです!

    そこで私もTゾーンに軽くブラシでつけてみました。パウダーだけで見るよりもキラキラしてなくて、程よくツヤが出る感じ。たしかにツヤ肌メイクが好きな人は、ファンデだけだとぺったりして物足りないかもしれませんね。

    1日つけた感想

    1日つけた感想ですが、一言でいうと崩れにくい! 元々メイクをした時点で薄付き系なので、ヨレや崩れが気にならない予想はしていたのですが、ホントに夜までサラっとしてました。

    特にアクセントフェースパウダーをつけた部分はサラサラ感が持続! 皮脂が多い人はファンデとフェースパウダーのセット使いをしたほうが安心かも。ちゃんと皮脂を吸着しているのが分かりますよ。

    ブラシについて

    Rachel Wine(レイチェルワイン)のカブキブラシ

    そうだ、レイチェルワインといえばパープルカラーのカブキブラシの印象が強いのでは!? ていうか、付属のブラシって、たまにチクチク痛くて、ファンデの質は良くてもブラシで肌荒れしちゃうことってあるんですよね~。

    と思いつつ恐る恐る使ってみたら! このブラシ、見た目通り(?)のなめらかで柔らかい(でもほどよく弾力あり)質感なので、敏感肌でも痛くも痒くならずにクルクルお肌の上を滑ってく!!

    Rachel Wine(レイチェルワイン)の使用感

    毛量が多いのでパウダーもすぐに均等に含ませられるから、私のような不器用さんでもムラなくお肌にオンできるのがGOOD!

    公式サイトには、このカブキブラシよりもグレードアップしたブラシ各種もあるみたい。ブラシで肌荒れしやすい敏感肌さんは、ブラシの見直しも必要かも!?

    レイチェルワイン ミネラルメイクアップトライアルセット

    レイチェルワイン ミネラルメイクアップトライアルセットまとめ

    ●シンプルな成分のみなので、メイクによるニキビ・肌荒れがある人におすすめ
    ●薄づきなので、カバー力を出したい場合は、同ブランドのコンシーラーを併用して!
    ●専用ブラシは優しい肌触り。他社のブラシで肌荒れになるなら試す価値あり

    ミネラルファンデーション
    総合ランキング

    ブログ記事一覧
    ブランド一覧
    サイトマップ
    運営者情報
    ホーム

    PR

    コスメマニアミネラル道おすすめ記事一覧

    ミネラルファンデーション総合ランキング